サッカーユニフォームを注文する際のデザインの決め方

サッカーユニフォームは、専門の作成業者へ依頼することで簡単に作ることができます。ここでは、ユニフォームの作成を依頼する際に必要となるデザインの決め方や、希望するデザインを注文する際の方法などについて紹介します。

メインカラーやサブカラーを決める

サッカーユニフォームを作成する場合は、最初にメインカラーを決めましょう。決め方としては、まずチームの雰囲気を考慮して選ぶという方法があります。例えば、情熱的なチームであることを表現したいのであれば「赤系」の色などがよいと言えますし、冷静な戦術での試合運びが持ち味のチームであれば「青系」の色などがよいと言えるでしょう。他にも、好きな有名チームのユニフォームの色から取り入れるという方法もありますし、もともとチームカラーが決まっているのであれば、それをそのまま使うという方法もあるでしょう。そしてユニフォームにはメインカラーだけでなくサブカラーの必要なため、メインカラーを引き立てたり個性を出せるようなサブカラーも決めておきましょう。

デザインやマーキングを決める

サッカーユニフォームのデザインについては、シンプルなものから個性的なものまで多様であり、線や模様を入れるなどさまざまなパターンがあると言えるでしょう。しかし他にも、シルエットや生地などから選ぶという方法もあります。最近では、一見したデザインはシンプルでありながら、シルエットや着心地にこだわるという場合も多く見られます。そしてマーキング(ロゴや背番号など)は、デザインを構成する大事な要素であり、ユニフォームのカッコ良さを左右する一つのポイントになると言えるでしょう。マーキングは、さまざまな字体や色などから選ぶことができるため、全体のデザインとのバランスなどを考慮してながら最適なパターンのものを選ぶとよいでしょう。

デザインの相談や注文

サッカーユニフォームのデザインの注文方法には、作成業者が用意しているデザイン案から選ぶという方法があるほか、自分で作ったでデザインを元に作成してもらうといった方法があります。デザイン案から選ぶ場合については、作成業者のウェブサイトに「シミュレーター」などと呼ばれるものが設置されている場合があり、さまざまなユニフォームの形や色、そして柄のデザインなどから、好きな組み合わせを選んでデザインを決めることができます。自作のデザインを元に作成したい場合は、手描きのデザイン案や参考となる写真など業者に送れば、専門のデザイナーによって最終的なデザインを作ることができます。また、デザインの相談や注文の方法は業者によって異なるため、複数の業者から自分の要望に合った業者を選ぶようにするとよいでしょう。